読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やる夫で学ぶオブジェクト指向以前

投下した記事の保管場所。まとめサイトのほうが読みやすいのでググりなおしてご覧ください。

4.イデアとはなにか?

      ____
     /    \
   / ヘニヾ゙リン \(;;;;;(   では説明を始める―が
  /=▲▼--▼▲=) ;;;;)
  |    /(__人__)ヽ ;;;/|    ここだけのイデア論をでっち上げる前に概要が必要か。
  \    `⌒┃l;;;; /
  /´`''" '"´``Y'・"``'j⌒ ヽ   イデアとは何かだが
 { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l
 '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ
  ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
   `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'
     ,ノ  ヾ  ,, ''";l
    /=====、 ....====i、


          ____
        /    \
       / ヘニヾ゙リン \
     /=▲▼--▼▲=\
     |    /(__人__)ヽ   | ネットで調べたほうが正確じゃねぇかな
     \    `⌒┃   /
      ノ \     ・  く__
  /~""   /""⌒`!´⌒ヽヽヽ
  ( )  )  i    |    i、)\                    カ
  |    l   l||l  人 l||l i、  \  l||l 从人 l||l   カ    タ
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
      ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
   ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄
、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_ 人
)                                                         (
)なにしにきたんだよ                                             (
)                                                         (
)                                                         (
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ Y


                ━┓
        ____  ┏┛
       / ヘニヾ゙リン\ ・   だってプラトンとかイデアって何度も説明されてるぜ
     / =▲▼--▼▲\
    /    /(__人__)ヽ \  教科書にも書いてあるし、ちょくちょくはてぶにも入ってるし
    |       `⌒┃    |
    \        ・   /  これ読んでるような物好きなら読んだことあるんじゃねぇの?
.
                          ____
                        /     \
                      /_ノ  ヽ、_   \
                     /(●)三(●))   .\
                     |   (__人__)      |
                     \ ヽ|r┬-| /   /   自分の言葉で語れそれでもプラトンかよ!
                     /   `ー'´      \
         ___
       /    \
      / ヘニヾ゙リン\ (;;;;;;(
    / =▲▼--▼▲ );;;;;)
    |    /(__人__)ヽ;;;/   しゃーねーな
    \    `⌒┃/ /
            ・ノ      あ、「イデア(論)とはなにか」を知ってる人は読み飛ばしてくれていいぜ

 

      ____
     /    \
   / ヘニヾ゙リン \(;;;;;(
  /=▲▼--▼▲=) ;;;;)
  |    /(__人__)ヽ ;;;/|    ではさっそくイデア論について説明しよう。プラトン
  \    `⌒┃l;;;; /
  /´`''" '"´``Y'・"``'j⌒ ヽ   「この世界とは別に「イデア界」―真実の世界というべきものがあり
 { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l
 '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ   そこには普遍かつ不変、唯一永遠の原型とも言うべき「イデア」がある。
  ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
   `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'    それが現実に投影されて物質的実体となる。」
     ,ノ  ヾ  ,, ''";l
    /=====、 ....====i、    と考えた。そして対話によってそれが明らかになるとな。
                            ___
                          /      \
                        /⌒   ⌒   \
                       /(● ) (● )   ヽ
                         | ⌒(__人__)⌒      | なるほどわからん
                      \   `⌒ ´     /
                          /             \


           ___
         /    \
        / ヘニヾ゙リン\
      / =▲▼--▼▲\   例としてクマーに登場してもらおう
      |    /(__人__)ヽ  |
      \    `⌒┃  /   木彫りじゃなくて生身な
    /´` |   ヽ  ・/,´´ ̄、~ヽ、
   /~ ヽ,,,  /"´`゙゙ヽ / " ̄ヽヽ;; ト、
  (    ヽ`  :::::::::::: Y:::::::  :ノ/r  }ヽ、
  {  :::)  ヽ     ,,,,,|,,    i{  ::::::: ヽ、
  i、ノ     )ヽ:::::::::::::人:::::  丿 \ ノ ( )
  /   ):::: /;; """  i ゙゙゙゙::/   /  |  |
  |      |   """" !゙゙゙゙ \  /::::::::::: /
.
                くまー
                r -、,, - 、
            __    ヽ/    ヽ__
  くまー     ,"- `ヽ, / ●     l )
         /  ● \__ (● ● i"
        __/   ●)      ̄ )"__ "`;
      .(_i  ●    ' __, '"  ̄`'(___/.i⌒i
        丶_ ,i⌒i,,_(_/    ● i ̄ ̄ )_|__
      __, '"   ̄ ヽ! ● ●)  ミ~ ̄_● ヽ)
くまー   (_/     ● i    ∪  / ⊂{●  | くまー
       l ●( _●) (  ̄)-    /   -'  i
     /ヽ、   |∪l   T      i     ● '")
               くまー

 

         ___
       /    \
      / ヘニヾ゙リン\
    / =▲▼--▼▲\   連れてきた俺が言うのもなんだが
    |    /(__人__)ヽ  |
    \    `⌒┃  /   こいつらはなんでクマーなんだろうな?
.
                            _____     ━┓
                           /   ─  \   ┏┛
                         /  (● )   \\  ・
                         |  (⌒    (● )  |
                         |    ̄弋_)     |   クマーとして生まれたからじゃないの?
                         \            /
                           >  ⊂ヽ∩  <
                          /"  (,_   \.  |
                         .| /      \__ノ


                ′
        ____  、´
       / ヘニヾ゙リン\
     / =▲▼--▼▲\   すまん質問が悪かったな。言い直そう。
    /    /(__人__)ヽ \
    |       `⌒┃    |  なぜ俺たちはこいつらを「クマー」と呼んでいるんだろうか?
    \        ・   /
.
                               ____
                             /      \
                            /─    ─  \
                          / (●)  (●)   \ クマーに見えるからじゃないの?
                          |    (__人__)      |
                          \   ⊂ ヽ∩     <
                            |  |  '、_ \ /  )
                            |  |__\  “  /
                            \ ___\_/

 

         ___
       /    \
      / ヘニヾ゙リン\   「クマー」にみえるからの「クマー」ってなんだ?
    / =▲▼--▼▲\
    |    /(__人__)ヽ  | 見てみたいんだが物理的に目の前に出せるか?
    \    `⌒┃  /
.
                             ____
                           /_ノ  ヽ、\
                         /(●)  (● ).\
                        /   (__人__)  u \   いや、やる夫の心の中の「クマーのイメージ」だから
                       n|i 7    ` ⌒´      n|
                     l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /) 物理的に存在するってわけじゃ・・・
                     ', U ! レ' /   ー‐    | U レ'//)
                     {    〈         ノ    /
                     ..i,    ."⊃    rニ     /
                      ."'""⌒´       `''""''''

 

            ,、-''"~~ ''ーー-、
          ,r'~:'"::/"::" ii:::::ー、 ~''ー-
        ,,、-"/~ ::'"ー、 ノ:::   ~''' 、   そうだな、クマーを知っているってことは
     ,,、-'" ,,、z'__ ji,,, r、 十、:: ::::
    '--ー''フ ,/  ルー/j|. /  ~'' 、 :::     心の中にクマーのイメージがあるっていうことだ
       / ル-/ j j(,/     '、 :: ::
      'ー ' | ,ノ |,ノ┃
.         ~    ▲、         ::、
             ▼▲         ~'-
               》
                ▲
               ▼▲━━┓

 

                           」」      」」       」」       」」
                       __  |    __  |    __  |    __  |
                             |          |          |          |   _|  _|  _|
                       ___|    ___|    ___|    ___|
                        ....______,,,,,,,,,,,,,,,,
                       /               \
                      ,,,,,ミミ           .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\
                    /                .;.;.;.;.;  \
                  /           ノ― - ..._ .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ノTi\
                 /            ―‐__---- 二ツ)ノノ/∠リノ
                 /              <で・フ¨ヾ>三⌒〈・ラナリ_i、.      その心の中のクマーは
                 i                `冖' ´ "´   ',¨ヾ',  i、
                  l                 (         / ヽ \     どこから来た・・・?
                   l               /  ヽ、____.人__ノ /
                  l               i   ∠..__ツ´   /
                  ヾ               |      ー    /     ,>‐'つ
                   ヽ、_                  .;.;.;.;   /    /.ノ ┃
                      iヽ、_____          .;.;.;__ ノ    ! }/▲、
                      ヽ        ヽ、_____´三/     { (´/▼▲
                       !ヽ、           :;:;:;:;:;:;:;|         ヽ( イ- ) 》
                       |   .            :;:;:;;|         \ `ヽ::: ▲
                      /ヽ、 ..    .,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,|\.;      7゙<〉   ▼▲━━┓
                                             ::::::::::/:::::::\ ノノ
.
       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\
  /   (__人__)  u. \        どこと言うかいつというか、前に見たクマーと同じように見えるからだお
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)     クマーのイメージは「一度見た」クマーから来てるお
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''


                       ___
                      /     \
                    / へ=i!i!リン \
                  /  ヾ・ ハi!iハ・フ  \    その前に見たクマーは今目の前にいるクマーと同じ個体か?
                  |    /(__人__)    |
                  \    `⌒´    /   5匹いるが全部に会ったことあるか?
                  /´`''" '"´``Y'・"``'j⌒ ヽ
                  { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l
                  '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ
                  ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
                    `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'
                      ,ノ  ヾ  ,, ''";l
                     /=====、 ....====i、
.
         ____
       /     \
      / \   / \
    /  (●)i!i!(●)  \   いや別のクマーだけど同じには見えるお
    |  u , (__人__)    |
    \    .`⌒´    〆ヽ
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|

 


                   ______
                  /         \
                /            \
               / {,.、- - 、 ! ,. - -,、}   ヽ、
              i  ,ヘ二__`_爪_~__二.ヘ    i、       なら、そこにいる「なにか」は
              /   ヾニ・ニハ ハニ・ニフ    ;;;;;;;;;:;:::;;;)
            . /     /   ||    ヽ   ヽ;;;;;;;;;;::;;;::::;;;/  「前に見たクマーと同じに見える何か」であって
             !   / i、_____人_____ノ \ (;;;;;;;;;;;::;;;ノ
             ヽ、      ィ--ェェェ   (;;;;;;;::::;;;ノ        「前に見たクマーそのもの」ではないな?
               ヽ、     个┃ /;:.::;ノ / ____
            ,,,,,イ"""=く i!゙゙、、、 ヽ ・;;;ノ/,,, ;;;ヾ⌒;;  ヽ
          r"    ;) =、、  ,,,,,,:l:,,,,,, ___ ;;   j ヽi、:: i、
         (;;;;;;    i|    Y"""""   ヽ、 ,,.,/  ,, 、;;;;ヽ
          )    >>>ヽヾ__ .|     ;;;; ::: |!i/   ;; )  ヽ、
            ヾ ノiヽ\__( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ--,,(<<<t    ノ,,   i
           ヽ.....ゞ  ヽ  ヽ;;;;;          ,,,___,,,    ノ
            i、 ;;;;  ヽ___   ;;;;;;;;;;_          ___,,/´
             i、       ゙゙̄ ̄;;´;;ノヽ、、、ー  ;;;;;;;;;/
              ゞ____、、、"ソ/ー―′ ヽ、____、、,,,,,,r´
.
         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○).  (○)\  /   /        そんな事言ってたらこの世にあるのはすべて
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    | u    .` ⌒´     /  /  /  /    「前に見たのと同じに見える何か」になってしまって
    \            /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴     同じものなんてなくなってしまう・・・会話とか成立しないお
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙'

 

    ,,,,,,,,/            "",;;";/;;;
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""""  ;;;;;
 /""":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;        そうだな・・・じゃあ逆に考えよう
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;        そのクマーは前に見たクマーと実際に同じであるとな・・・!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;         全てのクマーは普遍的な「クマーのイデア」を実際に持っていて、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、;;;;
    ii||、、"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,iヽ;;;;、      その「クマーのイデア」を俺たちは見たことがある
    tヽ、~''ー;;;;-ヽ、tii:r-ーー'''''"ヽ,ヽ、,、、,,,,,,
::::::::::::::::::キー't弖z-、ゝヽ,ゝーー''z'''''モ五ラ''ーz'~"  だからクマーがクマーだとわかるのだと
:::::::::::::::::` ''''' ̄'''";;;(、 彡彡;;;;;;;~""""""
ヽ;t::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;; | j' ''":::::;;;;;;;;;;;;::::::::::
ヽ,:::::::::::: :::::::::::;;;;;;;; i, リ   :::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::
ヽ      ::::::: :::::;;;リノ ::  ,,,,,,:::::::::::::::::::::::
  ヽ:::::::::::"" ::::::: i  ::::'"   ::::ヽ,:::::::
   i、:::::::::::::::(:::: :::::\   ''"   /::::::::
    iヽ:::::::::::ヽ__、/\____ノ:::'"、、,,,,
      iヽ  " ::Y'王エ三ニ'''z、
    ,、-'";t:ヽ  :::::-、,,,,,,,,,,,,,、"-:::::::::::::::::::::,、
  ,、 '   ;;;;;t::ヽ   ;;;;;;;、、;;;;::::::::::::::   ,、 ';;;;
/  :::::;;;;;;;;;t:::ヽ  :::::::    ::'''" ,、 ';;;;;
  :::::;;;;;;;;;;;;;;;;t::::ヽ  ::::::::::::    ,、";;;;;;::::::::::
:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: t:::::ヽ  :::::::::::: ,、 ';;;;;;;;  ヽ:::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::  ヽ:::::~~ ''''''''''''";;;;;;;;;:::::   ノ:::::
""""""""   '":::::::::::::::

 

         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ   いや「クマーのイデア」なんて見たことないし・・・
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!
.
                      ,、-''"~~ ''ーー-、
                    ,r'~:'"::/"::" ii:::::ー、 ~''ー-
                  ,,、-"/~ ::'"ー、 ノ:::   ~''' 、    「イデア」は現実の世界にあるわけじゃないからな
               ,,、-'" ,,、z'__ ji,,, r、 十、:: ::::
              '--ー''フ ,/  ルー/j|. /  ~'' 、 :::      「イデア界」とでも言うべきところにある
                 / ル-/ j j(,/     '、 :: ::
                'ー ' | ,ノ |,ノ┃
          .         ~    ▲、         ::、
                       ▼▲         ~'-
                         》
                          ▲
                         ▼▲━━┓

 


      ____
     /    \
   / ヘニヾ゙リン \(;;;;;(
  /=▲▼--▼▲=) ;;;;)   俺たちは「クマーのイデア」を生まれる前に見ているから
  |    /(__人__)ヽ ;;;/|
  \    `⌒┃l;;;; /    生まれつきクマーが理解できるし「クマーのイメージを共有している」。
  /´`''" '"´``Y'・"``'j⌒ ヽ
 { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l   でかいクマーや小さいクマーも「クマーのイデア」を持っているから
 '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ
  ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/   同じようにクマーに見えるし、
   `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'
     ,ノ  ヾ  ,, ''";l    「クマーのイデアとはなにか?」を対話することで「クマーとは何か」も決められるってわけだ。
    /=====、 ....====i、
.
                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \
             /(―)  (― )   \  生まれる前とか無茶苦茶だお
             |.  (_人_)   u |
                  \   `⌒ ´     ,/  そんなもんあるわけないお
              /         ヽ
             ./ l   ,/  /   i
             (_)   (__ ノ     l
             /  /   ___ ,ノ
             !、___!、_____つ

 

                               ,.へ
   ___                          ム  i
  「 ヒ_i〉           ミ   ミ    __  ゝ 〈
  ト ノ                     ミミミ  iニ(()
  i  {               _____         |   ヽ
  i ヽヽ    (ミ彡    /ヘニヾリン \        i  ノ  }
  | :;:;:;:; i         /=▲▼--▼▲=\     {、:;:;:;:;:;λ
  ト-ー┤.      /   /(__人__)ヽ   \   ,ノ    )
   ヽ   `` 、,_  |      ´ ̄`       |  '´ ハ  /  プラトンの時代って2500年前よ?
    ノ ノ   、´、,_\            /"   / /
      ;、         ̄`゙゙゙゙`Y´"""´ ̄   /  ;′   毎年アポロンの祭りとかやってるし
        ヽ、~  ヽ    :;:;:;:;:;|::::     ノ / ~ノ
         ヾ   ト   ........人........   / r´′:;     死んだらハーデスのところに行くってマジで信じてる時代よ?
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     リアル聖闘士星矢      │|    生まれる前に何かを見るとか楽勝よ
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ
.
                               _____
                            /ノ  \. \
                         /(●)  (●) \   そんな昔からこんな事考えていたのかお
                (⌒(⌒(⌒ヽ     / ∪(__人__)     \
             \ ヽ ヽ  (⌒)  |    `⌒ (⌒(⌒(⌒ヽ|  プラトンすげーな
               ヽ:::::::::::    |.  \       ヽ ヽ ヽ  |
                ヽ   (  ヽ /       (⌒):::::::::::  |
                 \     V         !      |
                               ヽ     ノ

 

         ____
       /    \
      / ヘニヾ゙リン \   正確には俺の師匠であるソクラテス先生が凄いんだけどな
    /=▲▼--▼▲=\
    |    /(__人__)ヽ   |  俺は研究を引き継いだだけだ
    \    `⌒┃   /
            ・       他にもピタゴラス学派やヘラクレイトス学派にも世話になったが実に勉強になった

 


         ____
       /    \
      / ヘニヾ゙リン \
    /=▲▼--▼▲=\      おっと大事なことを忘れていた。
    |    /(__人__)ヽ   |
    \    `⌒┃   /      イデア論はプラトンが研究を進めてくうちにかなり変化している。
     /´`"´``Y´´・""j⌒ ヽ
    {;;ノ´i、,. . ..|,, 、 、 ノヾ ;; ト    今回話したのはその中の「イデアの分有」というやつだな。
    / ;/i  __,人 _ _;;, ,/ヽ ヾ )
    ( .."ヽi、 ;;_ |^.. ;; ,i ,i` ノ;ノ    だから、他の人の解説と違うだろうがまぁ気にしなくていい。
     ヽ iノヾ; 人__::": ヽ/"/
      ト \,ii== ===i!、/ /
      ,iヽ/  i i   \ノi、
      |    ,! !.     |
.
                             ____
                           /      \
                         /_ノ   ヽ、_ \      いやそこは気にしろよ
                        / (●)  (●)   \
                        |     (__人__)   u   |    正しいイデア論が何なのか気になるじゃねーか
                 r、     r、\    ` ⌒´     ,/
                 ヽヾ 三 |:l1 >   ー‐     ヘ
                  \>ヽ/ |` }             ヽ
                    ヘ lノ `'ソ イ            |  |
                     /´  / ./ |         |  |
                     \. ィ_ノ .|         |  |
                          |         |  |

 

            ,、-''"~~ ''ーー-、
          ,r'~:'"::/"::" ii:::::ー、 ~''ー-     勘違いしているようだが正しいイデア論などというものは存在しない
        ,,、-"/~ ::'"ー、 ノ:::   ~''' 、
     ,,、-'" ,,、z'__ ji,,, r、 十、:: ::::         いや、そもそも「正しい理論」などというものが存在しない
    '--ー''フ ,/  ルー/j|. /  ~'' 、 :::
       / ル-/ j j(,/     '、 :: ::     現代においてすらだ
      'ー ' | ,ノ |,ノ┃
.         ~    ▲、         ::、    ―――それに
             ▼▲         ~'-
               》
                ▲
               ▼▲━━┓

 

                      」」      」」       」」       」」
                  __  |    __  |    __  |    __  |
                        |          |          |          |   _|  _|  _|
                  ___|    ___|    ___|    ___|
                   ....______,,,,,,,,,,,,,,,,
                  /               \
                 ,,,,,ミミ           .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;\
               /                .;.;.;.;.;  \
             /           ノ― - ..._ .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ノTi\
            /            ―‐__---- 二ツ)ノノ/∠リノ
            /              <で・フ¨ヾ>三⌒〈・ラナリ_i、.    俺はこんな話をしに来たわけじゃない
            i                `冖' ´ "´   ',¨ヾ',  i、
             l                 (         / ヽ \
              l               /  ヽ、____.人__ノ /
             l               i   ∠..__ツ´   /
             ヾ               |      ー    /     ,>‐'つ
              ヽ、_                  .;.;.;.;   /    /.ノ ┃
                 iヽ、_____          .;.;.;__ ノ    ! }/▲、
                 ヽ        ヽ、_____´三/     { (´/▼▲
                  !ヽ、           :;:;:;:;:;:;:;|         ヽ( イ- ) 》
                  |   .            :;:;:;;|         \ `ヽ::: ▲
                 /ヽ、 ..    .,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,|\.;      7゙<〉   ▼▲━━┓
                                        ::::::::::/:::::::\ ノノ
          、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_ 人
          )                                                         (
          )ホントなにしにきたんだよ                                          (
          )                                                         (
          )                                                         (
          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ Y

 

    ,,,,,,,,/            "",;;";/;;;
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""""  ;;;;;
 /""":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;       「昔こんなことを考えた人がいたんだよ」なんて聞くのは
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;       それはそれで楽しいがクソの役にも立たない
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;        人から話を聞いて理解するのは哲学ではない
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、;;;;
    ii||、、"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,iヽ;;;;、     ならやることは一つだ・・・実践あるのみ!実際に対話するんだよ!
    tヽ、~''ー;;;;-ヽ、tii:r-ーー'''''"ヽ,ヽ、,、、,,,,,,
::::::::::::::::::キー't弖z-、ゝヽ,ゝーー''z'''''モ五ラ''ーz'~"
:::::::::::::::::` ''''' ̄'''";;;(、 彡彡;;;;;;;~""""""
ヽ;t::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;; | j' ''":::::;;;;;;;;;;;;::::::::::
ヽ,:::::::::::: :::::::::::;;;;;;;; i, リ   :::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::
ヽ      ::::::: :::::;;;リノ ::  ,,,,,,:::::::::::::::::::::::
  ヽ:::::::::::"" ::::::: i  ::::'"   ::::ヽ,:::::::
   i、:::::::::::::::(:::: :::::\   ''"   /::::::::
    iヽ:::::::::::ヽ__、/\____ノ:::'"、、,,,,
      iヽ  " ::Y'王エ三ニ'''z、
    ,、-'";t:ヽ  :::::-、,,,,,,,,,,,,,、"-:::::::::::::::::::::,、
  ,、 '   ;;;;;t::ヽ   ;;;;;;;、、;;;;::::::::::::::   ,、 ';;;;
/  :::::;;;;;;;;;t:::ヽ  :::::::    ::'''" ,、 ';;;;;
  :::::;;;;;;;;;;;;;;;;t::::ヽ  ::::::::::::    ,、";;;;;;::::::::::
:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: t:::::ヽ  :::::::::::: ,、 ';;;;;;;;  ヽ:::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::  ヽ:::::~~ ''''''''''''";;;;;;;;;:::::   ノ:::::
""""""""   '":::::::::::::::

 

                   ______
                  /         \
                /            \
               / {,.、- - 、 ! ,. - -,、}   ヽ、
              i  ,ヘ二__`_爪_~__二.ヘ    i、        というわけで、次回は
              /   ヾニ・ニハ ハニ・ニフ    ;;;;;;;;;:;:::;;;)
            . /     /   ||    ヽ   ヽ;;;;;;;;;;::;;;::::;;;/   やる夫とやらない夫で実際に対話を行う
             !   / i、_____人_____ノ \ (;;;;;;;;;;;::;;;ノ
             ヽ、      ィ--ェェェ   (;;;;;;;::::;;;ノ        テーマは「美」とはなにかだ。
               ヽ、     个┃ /;:.::;ノ / ____
            ,,,,,イ"""=く i!゙゙、、、 ヽ ・;;;ノ/,,, ;;;ヾ⌒;;  ヽ    「愛とはなにか」「美とはなにか」と言えば「饗宴」
          r"    ;) =、、  ,,,,,,:l:,,,,,, ___ ;;   j ヽi、:: i、
         (;;;;;;    i|    Y"""""   ヽ、 ,,.,/  ,, 、;;;;ヽ  という著作に書いているが別に再現するわけじゃない。
          )    >>>ヽヾ__ .|     ;;;; ::: |!i/   ;; )  ヽ、
            ヾ ノiヽ\__( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ--,,(<<<t    ノ,,   i   むしろ別の答えを出すから勘違いしないように
           ヽ.....ゞ  ヽ  ヽ;;;;;          ,,,___,,,    ノ
            i、 ;;;;  ヽ___   ;;;;;;;;;;_          ___,,/´   「饗宴」も読んでもらいたいくらいだ。
             i、       ゙゙̄ ̄;;´;;ノヽ、、、ー  ;;;;;;;;;/
              ゞ____、、、"ソ/ー―′ ヽ、____、、,,,,,,r´        勘違いさせたら偉い人に怒られるからな
       ____
      /      \
    / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=-. \
  |  u ,  (__人__)  U |     つまり怒られるような話をするんだな?
  \    ..` ⌒´   .〆ヽ
   /          ヾ_ノ
  /rー、           |
 /,ノヾ ,>         | /
 ヽヽ〆|         .|