読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やる夫で学ぶオブジェクト指向以前

投下した記事の保管場所。まとめサイトのほうが読みやすいのでググりなおしてご覧ください。

9.日本人にとって議論とは何であるか

 

                               __
                             /丶 ノ\
                             |(●)(●) |    では仮に「日本人は仏教の影響を受けている」、
                             | (_人_)  .|
                                  | `⌒´  |    または「日本人の考え方は仏教と親和性が高い」、
                         . ェ-_   .i       .|,.. .-‐ 、
                ,、 .{ 、.          k'y'-'/ヽ >    /\   _ \ よって「日本人は「それは何であるか」の
                 {\ 、.\.        i i ハゝイ `i i`-:イ    \   :/`
               '、\   i      `!.'  ̄ ̄ ., : ´ ̄       :i /` 「何」は実在しないと考えている」としよう。
               ヽ  ..:: ¨ > , _      ,∠  /、      l/
                    ヤ_     `ヽ ̄ ̄ ̄ ̄,     :  / _   ,}   「何」は思い込みとしては存在するかもしれないが。
                 ` <    -、   ノ    _ > ' `ヽ ' !
                     ` <  ´ > 7::::::::/ -   /
                         ` ¨   /::::: }  ' /
                             /:::::   i  /

 

                            /7 ,-,
               __           / i/∠_
             /丶 ノ\       /l   <二_ '
             |(●)(●)|      ヽl   :i─ -'
                  | (_人_) .|      ,  '  /    となると、「それは何であるか」の「何」が無いため
                 |  `⌒´ |   _ ノ   , ′     少なくとも「それは何であるか」は他人と共有できない。
               i      | /  / /
               ,・ ヽ    /:¨ ─‐ , /        存在しないか、思い込みだ、ということだな。
              /  /  ....ノ_....:::::./          そしてエスパーでもなければ思いは共有できない。
          i  、.....:::::::::::::, -'" ̄ i
    _.ィ二`ヽ. ヤ    '_ ̄イ  ,-.,/           浄土真宗で「誰もが同じ信心を持つ」というのは例外中の例外、
     /   `── ¨  ., ─' ,/             阿弥陀様だけが起こせる救済だ。
    (/ィ_=、___  - - 、 /:i
     `       ヽ ̄ ̄ ̄  .\            そして―
              ヽ

 

              ,. -‐- 、
             /       ヽ
           {     ,、 ',
           ヽ ノ `フノ-‐ュ',    「それは何であるか」の「それ」の方も共有できていない恐れがある。
           〈゙y'´ ´ '´,≠-,
                i     ,r ´i ` ー‐‐‐- 、 _
           /    ノ _ノ    ; _,-‐x'ニ=、 `丶.
       ,. -‐ァ′  /´ー=、_r‐‐='´ ゝ、   ヽ  ハ
       /  /  / .,'     '.      ヽ    :  ゙i-、
      ,iゝ'´  , '   /     ;       `ヽ.  ム、.ム ヽ
      〃 / /   /     }           ,ハ爪⌒:´    ',
      ! , '´{    / o     ノヽ_   o  ノ ハ   ヽ  ノヽ ',
     Y´    ,/ ゙ゝ--‐= ´ ゙i!  `¬==.´  ,ノ \  v ⌒ヽ!
     ゝ-、___ノ.  ,ノ {,. -‐¬! ̄` ¬ヤ ∨   `ー/    / }
              ゝ. i  i      ;  ____.ム   i       ,'   , ' リ
              ゙} ├ '´ ̄ ; :´    i.ノ !      {,.  '   /
             i ハ,... ...ノ,.ヽ.__.. '´i   !   , '     /
              {  {    ¨     リ、  |_  /     /
            ゝ. ヘ       /:,.-‐‐' `¨   /
              人.\ヽ     ι/,.-     ィ
           /   `ヽ> 、.... -‐ ι',/> ,.、-- '
     ____
   /      \
  / ヽ、   _ノ \
/   (●)  (●)   \   それじゃそもそも議論成立しないじゃん?!
|  U   (__人__)     .|
\    |i||||||i|     /
 / __` ー'
 (___)

 

          _..、
          と' ヽ            /`⊇
            .ゝ<i                i ゝ.-‐'
        / 〃 i     _      | : ヽ
         ,'    ,|   / _, 、ヽ    ハ.. ハ
        ! ,. x' !    ! (=) (=)!    i ゝ. リ   では試してみようか。
       Yー《` ヽ  | (_人_)!   ,r '¬ト.ィ
         |ヽ、i  ',.  ト.   ,i   {  〃ノi   「それ」として「木彫りのクマー」に登場してもらおう。
        i   ヾ、./ `ヽ `ー‐' { /´},._ノ  リ
          ゝ. .人、}  ゙ヽ.∨/´   i´ / ノ    やる夫は「木彫りのクマー」はかわいいと思うか?
           ゙|  `i     Y    リ'´゙Y
           !   ハ 。   i!   。!   !     あ、木彫りのクマーがわからない人は上の方見てきてくれな。
           ∨´ーゝ-‐‐ '`-‐-.ハ. /
             ', 、.X`、  i  `个ィ/
             Y  ミ ` Y⌒∨ i'
               | ヘY ー-<>ー1 |
               {  ミ、._ :' __ノ リ
             λ 人 `6´ i'./
             /`ヾ、ミ._ー‐--'ノ!
           ノ,.ゝi ヽ `¨´/:ハ
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   久しぶりだな木彫りのクマー
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   かわいい、で良いんじゃないの?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |    少なくとも、でっていうよりはかわいい。
  \ /___ /
       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))  でっていうwwwwwwwwwwwwwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /
比較対象:でっていう

 

                 /             ヽ              _
                  ,'                   ヽ        _ , <
                  i                 ト    ヽ_,/
                {                 i   { ─ < __ _ ,
                 ',       '`ー-- 、_人_{         /   木彫りのクマーはかわいいか。で、
                 {   ,_ノ    ィ´● )' .Y   |       /
                    ヽ. (. ●)    'ー " . .!  /          ,-、  「どの」木彫りのクマーのことだ?
                    ',  ̄´        、     ノ|           ,-'、 }
                      , ∧   r   ',     }    ノ        /  }/
                  _/. . \. '、_ノ=-- '′   / !     ./ .,-、'/i
              _/       >、             l i   / ./  } /
            / .         ヘ`ヽ         ./ / //  /ヽ
          ´  ,          ヘ         //  ./  /.i  !、
                 ー - '⌒ ー.    ヽ、`ヽ.    /    i'. _ ノ ' ヽ   Y
                           \ 丶     l    , /  .,!
        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)     「どの」って・・・ええええ
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |    やらない夫が「木彫りのクマー」って言ったから
   \        lェェェl /
    /         ヽ     それに合わせただけじゃねえかよ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |      やらない夫の方こそどの木彫りのクマーのことを指してるんだよ!
      !___ノ´  ヽ__丿

 

            /    ;;;;;;;;;;ヽ
           /      ;;;;;;;;;;;;;、
           | ノ   \  ;;;;;;;;;;|
           |( ●) (●) ;;;;;;;;;l   俺にとっては最後の木彫りのクマー・・・つまりNo.4だな!
           | (__人__)  ;;;;;;;;il
            | ` ⌒´ ; ;;;;;;;.;;;;;ヽ
            !      ;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、
             \    ;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_
         /)    ̄ ̄;l; ;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
    _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
   ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
   ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
      \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;
.
↓木彫りのクマーNo.4 在庫切れのため認識上のみに存在。よってAAがない。
.
.
          ___
        /      \   ウガー
     ,---、  \    /\―、
     .l   l  (●)  (●) \ |    そんなのわかるか!言わないで共有できるわけないだろ!
     |    |    (__人__)    | |
     .|   |   |!!il|!|!l|   / /
      ゝ     |ェェェェ|   ノ
      \         /
       /          |
      /          |

 

                   / ̄`ヽ
                    ,'     }
               {ノ ヽ._  }             そう、俺は「木彫りのクマー」とは言ったが
               .-(=) (=)  }ー- 、
           _...ノ´_, __(人.)  ,ノ'_ _,... ゙}>-、       具体的にどの木彫りのクマーかは言ってない。
            / ´゙ ハ,  `ーイ´  ヽ、 ヽ.``ヽ
        ,. イ     ,リ ,    {  `丶. __  ',  )ヽ、   つまり、俺は「それ」を具体的に示していないから
       /  、  _,..ィ,r'"     |     `}._,..>ァ'   ハ
     / ,.=  〉⌒7入     .人    ノ!ヘ. ノ  ,'´ヽム  「それ」を共有していない、なのに会話が成立しているんだ。
    .//´ ,n;  人  〉ーァ‐='"゙Y´`¬'"ノ/  ヽ、___,.'´ ,ハ
   〈 )ヽ、 ヽ.'"´  ヽ.∧ー〉ー‐‐〈'⌒`´メィ′     /  /'/  あるいは成立していないのをしていると思い込んでるのかも。
    ヽ.ヽ.`、.ハ      ゙}ーヾー‐-く´ ̄`,〉 |      ノ -' '/
     .\`  `ヽ、    ! `ヽー-'.>三'/ .}   /  ,. '′
      `ヽ. 、.. \_,..=‐--、  ` ´7,-¬=-' ' /
         `丶、 _  =ミ゙ヽ__ __ι'r',.-  _/
            ` rフー'<   ,`7´厂!´
              /'´ {  ハ  / ,' ;' ,ハ
                /: ,.ノ    ヘ_/ ハ ノヽ .',
         ____
       /     \
      / \   / \
    /  (●)i!i!(●)  \    いや、「どの」って指定しなかったんだから「一般的な木彫りのクマー」
    |  u , (__人__)    |
    \    .`⌒´    〆ヽ  つまり一般的な木彫りのクマーという「概念」とか「イメージ」とか
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |   それの話をしているはずだお・・・!
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|

 

               ,ヘ
             /'ノ
           / ,}{
           /ゝ,',.⊃
          / , '/´
       /' ,. ' /
      / :′,.. /
    i´ 、},....,/
    { 'ヽ-' (     ,-‐ノ 、_
   .ハ. ,. ゙ヽ. /  (●) ヽ         i.| // ,、    一般的な木彫りのクマーの概念、か。
    |   ` ',   } |    (_人)        / ' 〈ノノ,、
   .!    ヽ,ヘ.〉 ヽ      }     r‐- '′ヽ '/    それが存在しないというのが仏教で言っていることだ。
    ',  ,.、 }  \' ヽr ‐/       ̄ヽ、 ,. 、 ノ
    ∨´,.)イ     ヽ ノ }           }  {
    /´   |       ゙v,.ノ--- 、     |   |
     |   /!       }       >‐‐、.ノ',   ハ     結局のところ、仏教的に考えた場合には
     ∨  i、_` ヽ     リ 、    ノ-、   }、 .   }
     }  ノー-'、_,`ー-‐'、    ,イ、   ー-'八 ヽ ,!    「もの」は自分との関係性の上で存在しているから
    .| ,' ヾヽ 、 `ヽ..ィ `¨''、'ノ 人   ヽ__,,.゙-‐'
    {,ハ   ヘ.   /`゙r<ノ),/   ̄ ̄         それを他人と共有することはできないんだ。
     /    ヽ `¨ メ-、_,.ィ /′
   ,ノ゙ヽー''' } ー、6  r"/
  /   ',  {  ノ ` ィ' ,/

 


          ___
        /      \   ウガー
     ,---、  \    /\―、
     .l   l  (●)  (●) \ |   それじゃそもそも会話が成立してないじゃないかお!
     |    |    (__人__)    | |
     .|   |   |!!il|!|!l|   / /   なんでやらない夫は最初に「木彫りのクマー」なんて
      ゝ     |ェェェェ|   ノ
      \         /     曖昧な指定したんだお!
       /          |
      /          |
                                         /        \
           :..:..:/                        /             \
           :..:/                           /              ヽ
           :/                              |               ヽ
        ,′                         |                 l
  /        |                              |   、                l
 ,′      j                          /._ノ'′  `、         l
j .|      ,′                             / ● )    "ー--     /   そりゃもちろん、
' i       /                          l        (● )   /
 !      /                   _ __           __,.| l    j         /    これで会話が成立するから
 i    /     -―- .   ,. "´       `ヽ  ,.. '"´  l, ‐' .-‐"ヽ.    )  /
   ..:.:i' /       `ヽ{:i′         }´      i }   ` ー-`ー-一'′/ー<    わざと曖昧に指定しただろ
  :..{:.^フ:          :.}      '"´ ̄ - 、     /|!         ///  `丶、
     :{.:..            :.,           ヽ    :..! :`:...、   _,,.. -‐ '´ / /        \
     :..:.            :.ヽ             丶 .:..:.. i:..:..:. ̄     / /         ヽ
      ` ー _        ;.、:\.             \:..:..: !.        ./ :..
.        _ `二 ‐- 、 {、__>、.{:..:.,:..          \:. ヽ:.     ..:../ .:..:i         ___,,.〉‐ 、
:..:.  ´-- ̄-  ´ ̄`  ..:..:..ヽ  '⌒ヽ:.':..:'          `丶、:... ...:..:..:/ ,.:':..:..:!   _,. -‐'´ ´
:..、:..:...        ..:..:..:..:..:..:..:..__\    \:.     __      \:..:..:../../:.._;,. -‐'"´  '
`¨`ー-- .._.....:..:..:..:..__;,.: -‐=-- .」`    ヽ      `  、   Y:..;. - '´  .._    .|   /
        ̄ヾ´ヽ:t:__..             V          `   {       `ヽ  i :/ ..

 

 


                / ̄ ノ 、
              i    (●!          「それは何であるか」が無い世界に「何か」を持ち込んだ場合、
               |    (_))
               ! ゝ.     }          人は自分の「世界」からその「何か」に適合しそうなものを絞り込む。
             _ノヘ   `ーr<___
       __./´...、 __ _r' /rー'´-、 `ヽ      俺が最初に「木彫りのクマー」を指定したとき、
      /´     ´   `ヽ   ヽ :;ハ、
    ,. ィ   ___≠       ヘ    }'´∨`ヽ   やる夫は「自分の持つイメージとしての木彫りのクマー」を基準にして
   // `ー'´ /ヽ、   。  ト、  ノ!  ヽ. ハ
  .〃 、 /   , '   ヘ` ‐--‐ヤ´ `;`¨ ,ヽ、, '´ ).  木彫りのクマーはかわいい、と判断した。
 /{   ∨ / \  Xヽ ` r= ⌒!`Y  / 彡' }
 {: ヽ  }´     ヽミ、ヽ. f ー-+ ィr=‐ '´   , '  次に俺が「どの木彫りのクマーか」と聞いたときには
  ',  ヽ|      ∨   } -、..ノ ト..≠ ,.=イ
  ヽ 、ヘ     ,≠ミ、  ゙! _.. ゚´|`ー イ      やる夫は「個物としての木彫りのクマー」を探して・・・
   〉  `‐、  /´  ;`ヾ::、i   /
   {. _,..、ヘ. ; ヽ ;   ヽ\_ノ!          このスレでどの木彫りのクマーかを特定できなかったから
     `ー'`¨´.!  :, '     ハ  fハ
        | /        !: /  .         「やらない夫の方こそどの木彫りのクマーのことを指してるんだよ!」
        ∨         lィ  ; |
          ハ        | / :!        と反応したわけだ。
        i .      } ノ '   ,'
           ', ヘ    /' }   /

 


                  / ̄`ヽ、
                 /_ノ ヽ、_ ヽ
                    |(●)(●) |   もしこのスレに登場した木彫りのクマーが一体だけなら
                    | (__人__)  |
                   |  `⌒´  |   「あの木彫りのクマー」として特定できるから会話が継続する。
                 |       /!
                ノ ヾ、__ノ/ !   「最初に登場した木彫りのクマー」みたいに特定できるように指定してもいい。
            _,,..‐'"´、、 〉フ ∨/
           / `´ ^ ヽ`ヽ、〈i/`ヽ、
            / {      }   ∨レ^ハ \   「それは何であるか」が無い世界では、
            ハ       / ‐- 、∨ミ {   }
         /  ヽ_  _,,.ィ     ヽ-‐-、 /  認識の食い違いが破たんしない限り普通に会話は続くし、
           { .、 } X  ハ      |    Y
         ∨ヘノ {   / \、  ノ`、   ノ   破たんしてから認識をすり合わせればいい。
            〉,、ノ   / >‐、`T´ i }/
         i { 个、 八 ヘ`ヽヽ´  ノ {
         ノヘ   Y ヾ \丶<   レ
        /i  i   !、\,..ゝ   } -く!ノ
          i i  ハ / 〉^     ',  hl
          | し // / }´⌒ ヽ 、ノ、 `}
          |`′ /_ノ/ ̄ ̄``ヽミ  } }
          | ∨> /       ',ヽ、}
         ゝー彡 /      ノ  '、∨i
      /と三彡'{      ハ n  `ヽi.
      γ  そノ {        ヽ   ヽ.
      ` ⌒'"´  ヽ            ヽ.
               `ヽ              ヽ

 


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \       つまり、やる夫たちは「それは何であるか」ではなく
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃  自分自身が世界をどう認識しているかを基準に会話している?
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /    ってことは「自分はそれを何であると認識しているか」で議論しているのか。
  \ /      /\/
    \       \
     \    \  \
       >     >   >
       /    /  /
           / ̄ ̄\
           /ノ ヽ、_   ヽ
          (≡)(≡)    i      そう、仏教的に考えて議論とは「相手の言葉で自分の世界への理解を深める」
            (人__)      ,∧
            |⌒´    /,ハ              行為なわけだ。逆に相手の理解を促すこともできるが
          |      , '" { ` ̄ ̄`ヽ、.._
          ヽ_ / \ ',      人 ゙ヽ、     これは相手次第だから理解する気のない相手には意味がないし
             |\   , `ヽ.   ノ´r‐''''ヽ、} ヽ
          /', `ヽ_リ,__,,... ゝ- '´ ,ノヽ   i   }   結論が出たとしても共有はしていない。
            /´'´ ̄7´ `/  /   ,'      }  ,{
        /    }   人  !    :      ,∧ノ ゙i   相手が「俺は納得しない!」と言い出したらそこまでだ。
          {   _,ノ -‐‐-}-- 、   {     , '"´、 ∨, }
       /!,.ノ`ヽ.     {   ヽァ-、,/i    ヽ∨!
        / ,      }\   ヽ   i r'´  } ,.-‐'" ',.}'  一方、プラトン式の議論では材料とロジックとイデアを共有するから
     ,∠',{     リ, /`‐-イ `ー--i._,.ゝ- 、     /|
   /   ∨ ,..-‐-、ノ   ゙i‐‐-/´     ',   / |  どの材料とロジックを採用するかは議論になるが、
   八    リ 〉   `ヽ`ー‐‐''''''''",,... -‐‐‐-.ノ  /   |
  /,....-、.._  ヽ、 >/..__ `ー‐--.. -‐ ''"´,. .リ ,...ノヽ  納得できるかどうかとは関係なく結論が出て共有もできる。
  (ー- '"Y  ノ \_>―--=、._      ,..-‐'"´ヽ.  ',
  ( ニ二'ノ/           〉ー---‐'" / ノ   ',  }
   ヽ--'′              / 〉 、"´ /′/     ', }

 


               / ̄ ̄\
            / _ノ ヽ、_ヽ
            | (●)(●) |            だから両者では多数決の意味も異なる。
            | (__人__) |
               |  `⌒´   |、.__   __        仏教的に考えたら「相手の意見に賛成できるか」だが、
              ヽ.    ノ !  ̄‐'´(⌒ヽ、
               ヽ_ノ'  ,/ {  ゛   ',   プラトン的には「材料とロジックを採用するのに同意できるか」
                 ,ノ八ヽ、, -'′  ヽ       ',
            /⌒`''´``〉     \    ∧  になるわけだな。だから後者では全ての参加者と材料で
              /´ /     ヽ        i ヽ イ .}
          |  '       ヘ.    o !     !  合意が取れれば自動的に全会一致になるわけだ。
  /`ヽ、      ', へ         ヽ、._ ,,...-ヘ    ',
  ヽ.  々       i   \o   ,.-‐' 〉´`  ∧  ,  i
   ヽ、人      {    ',`¨´ -‐‐‐'ヽ '⌒v'′ヽ ,ノ  i  理想的に言えばプラトン式の議論では
    \ `ヽ、..._」    ,ハ、_      .i    ゙v'′ ,ノλ
      \    `ヽ、 、,{ / ` `¨´`〉'⌒''´/  / /´  全会一致になるか、行き詰る(アポリア)に陥るわけだな。
       \    ,〉 .}.{ 、_ ヽー 合、 _ /,./  /
           `ヽ ´ .,/'/゙ヽ ',   リ /´  ,イ     無論、全てで合意をとることは現実的に不可能だし
           `¨´ i  ',    〃/  ,/ i
              /`ヽ、_リフ´ ̄  ,/ '′,i.     行き詰って終わりじゃ済まないから代替として決を採るわけだが
                 i    /,    ノ..ィ''"´¨_ |
              i、  ソ 〈.ィ_,__,/ 彡|ヽ彡 i     理念としての全会一致は忘れないでいたい。
               i `¨´      /,    >イ|

 

                 / ̄ ̄`ヽ
                 ,!      ノ
          ,.--,- '" ̄``ヽ、      (        一方、仏教的に―いや、この際「日本的」でいいか。は
        ノ′{´ /⌒ヽ ', ヽ    !)
      /   ∨.__   ∨ ,リ,゙i    7        自分の理解や心情的に考えて賛成できるかになるし、
       ノ.-‐ ‐-/,'   }  ,/',´// リ /
    /´    { i   {  ( .>、.._}'´ ̄          相手が賛成しないときは「相手の理解を得られなかった」ことになる。
   /     ,..ハ  : 人_,,._-``ー 、..__
    i〃⌒''''"´  ! `ヽ‐-、..._ ``     ̄`ヽ、
   .|     '" 人_ ィヒ..             .ノ `ヽ-=...、  だから行政との議論が決裂したときなんかは行政側から
    |    ,ノ"´  ゙ヽ、_       _,,..ィ''">‐--、 \''"
   !  , '" -‐‐-'"⌒', ` ̄ ̄丁´ ,とノ´     `ヽ-'   「理解してもらえるよう説明する」なんて言葉が出てくるわけだ。
    { ノ´ ,.. --      ゙レイ'⌒{ ゙Y
   i  /´       爪,人 .ノ}  }             具体例はいくらでも出せるが荒れるから別の機会にしたい。
    .|/          》 、  Yノ .リ
   .{             《 `ヽ.ノ} _ イヽ、            そういえば外国だとどうやってるんだろう?
   ノ        `ヽ._ ヽ  ノ′ヾ、 ヽ
   /    ,      `ヽ`ヽ、 }      \
  i    {        \ ヽ}、       \

 


    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   政治とか行政がかかわる問題は荒れるもんな・・・
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/   荒れない例とかない?
 /  (丶_//// \
.
           / ̄ ̄\
           /ノ ヽ、_   ヽ          一番わかりやすいのは「一日の仕事が終わるとはどういうことか」かな。
          (≡)(≡)    i
            (人__)      ,∧          やる夫は何を基準にして仕事が終わったことにして帰ってる?
            |⌒´    /,ハ
          |      , '" { ` ̄ ̄`ヽ、.._
          ヽ_ / \ ',      人 ゙ヽ、
             |\   , `ヽ.   ノ´r‐''''ヽ、} ヽ
          /', `ヽ_リ,__,,... ゝ- '´ ,ノヽ   i   }
            /´'´ ̄7´ `/  /   ,'      }  ,{
        /    }   人  !    :      ,∧ノ ゙i
          {   _,ノ -‐‐-}-- 、   {     , '"´、 ∨, }
       /!,.ノ`ヽ.     {   ヽァ-、,/i    ヽ∨!
        / ,      }\   ヽ   i r'´  } ,.-‐'" ',.}'
     ,∠',{     リ, /`‐-イ `ー--i._,.ゝ- 、     /|
   /   ∨ ,..-‐-、ノ   ゙i‐‐-/´     ',   / |
   八    リ 〉   `ヽ`ー‐‐''''''''",,... -‐‐‐-.ノ  /   |
  /,....-、.._  ヽ、 >/..__ `ー‐--.. -‐ ''"´,. .リ ,...ノヽ
  (ー- '"Y  ノ \_>―--=、._      ,..-‐'"´ヽ.  ',
  ( ニ二'ノ/           〉ー---‐'" / ノ   ',  }
   ヽ--'′              / 〉 、"´ /′/     ', }

 


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   定時が終わった後に仕事に一区切りがついたら、かな?
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/   定時ダッシュしてもいいけど次の日が辛くなるお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |   あと一日のノルマを達成するとかは無理。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
.
                / ̄ `ヽ
              | ‐' ー  i
              l(=) (=)  .l             ノルマ通りに仕事が進むような器用な人なら
            x:l(_人__) /i`ー‐‐- 、_
              __/ ハ `='  / }      〉`ヽ.      技術屋よりも金になる仕事をしたほうがいい。
           /彡'`ヽ、ゝ-イ      ,.リ:  ` ヽ
        / ´ '  ,リ `ー:、,r ´ ̄Y⌒ .{    }    俺も大体そんな感じだな。
       ,! :   〃   キ       ヽ.   ∧
       .≠,i.__  メ.ノ... __ 〉 .. _ 、ヘ.       /´`ヽ
     〃  / `,ナ´iト.     キ    ` ‐-, - '´`:.   ハ
     ハ,=ミ .〃 ソ.\   メ、     リ{     ハ {  !
     (´  `ヽ. /    T ´  : ミ=´ ゝ.≠   ハ !
      ト、   ヽ.     ゝ_,.、-==--- /    --'i {
      ヘ `    _レ¨>┐ { `´ ヽ==-: 彡  ___彡' ノノ
       ` ミ    _,. ')ハ.`     _     彡 ´!
           `ー-=ニ.ノ / `,.ー‐=f´ ≠  ̄ ̄    リ
                 /' ,'    Y  :      ,'
                 ,' : ' 〃   / ,ノ :   .   !
             l }/ /ハ  ! /  .  /   '
                  ! { ,''´ ∧ :}'     .'    /
                . ∨.  ハ{   /!.  /
                ヘ.ハ     |. /  〃, '
                  }ヘ     |乂   〃/
                    {  ` ‐ ´| ゙:  リ,リ
                  ヽ    ,リ / /ゝ{
                   }、  ,'   '   :i


                     / ̄`ヽ、
                    /_ノ ヽ、_ ヽ
                |(●)(●) |    で、「仕事を始める」方はどうだろうな?
                | (__人__)  |
                   | `⌒´   |       やる夫は何を基準にして仕事を始めてる?
             _,, -‐'' |       ∧`丶ー-、
           /     {ヽ、__ノ 〉    \
        ,, -イィ_ ノ ! ∧  ∧ i \   ソ`ヽ、
       /   〉`  \ヽ)ー、 ( ) -‐‐― >⌒ ン  丶
      /  /!    ノノ )  ̄ヽソ´ ̄   ハ   〈    i
      ∧  /    /,'´/ 彡  >`ヽ \   }   l    }
      /,ヘ  i   / ∠三彡´ 〉-- 、ヽ ヘ   《ゝ  ノ\
    i,'  入__,=、∠イく  ー==三个ミミ    >ヘ //ノく  ヽ
   / /     λ } ∧      十     /ノ / 厂`´   ,  ∧
   i ハ、   / 人_へ、__,ノ个<、__彡八 _ ,   )ミ  i
   { ⌒ =ミ⌒_ン  |  ',         /〃 ∧、 ,ラ  >  i
   ! > <  `〈     !  l       イ   '  |ン  , 、_, }
   ! \    ヽ   \ i            /   / / 〈
   \  、_   ∧   八     _  ノ   ノ  彡´´ ノ  ノ
     \  `゛丶 ヘ、 /,-、γ'Z´`ヽ、-‐‐''´ ̄      /
      `ー-、_ ヽ、`く⌒ヽ>)<ヽ、_   ゝ  ____,, -‐''
          `ヽ__  _,- 'ハ`   ,-‐''´    ∧
            / `ゝ、__ノ 人 ̄フ         i
           i      /   Y              i

 

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )    そんなの始業時刻に決まってる・・・
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄
            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |     あれ?
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |

 

                    / ̄ ̄\
                     /ヽ_     |
  n                   ((●)     |      そう、キリがいい時が終え時なら開始もそうであるはずだし
 /ス_,.、 _             (ノ、_)    |
  ゙Y.(ニ=ィ'              ヽ   イ ヘ、       始業時刻が開始時なら終業時刻が終了時なはずだ。
   ', "´!               └┐ イ {  `ー- 、
    ヽヾ\.           ,. --、_,/{゙ヽ ,ノゝ、/´ ̄`'''ヽ、   だが、開始時刻は「労使ですり合わせている」
    \  ``丶、   ,. -‐-<    ` ̄` y'   ヽ、    )、
       \.. _  ) `〈   __,,.ム       }    ミ、__  ,/ ヽ  少なくとも使う側はその場にいることを重要視するからだ。
       \.` >' ,.フ''"⌒フヽ、    }、    ∧ `ヽ、 ハ
         `ー‐‐-=ニ=-'"\、 \_∠=ミー-‐彡八  ,'ヽ ' ',
                    ヽ./´‐'"个‐‐- '",λ`ァ-}、'゙ヽ ∧  一方、終業の方はすり合わせる必要があまりない。
                     V,.. -ヘ、_,.._,.ノ'  }/ ,'  ´! リ/
                     /八 -‐- ノ //  {  ,' ,/   その場にいなくてもいい一方、別にいてもいいからな。
                    ノ、    ,.彡=' {  /ヽ ノ
                     ∧`ー--‐ '´ /⌒} / ,/
                      i. ヽ   / ; v i´ ゙Y   そして企業によっては「その場にいなくてもなんとかなるなら
                     ハ 人  ,ハ  ', 'ハ.マ|
                  /  ',  `ヽ  、 、  |  ヽ!   開始時刻も割とどうでもよくなる。
                    i  /`   !  ヽヽ、∨ ',
                     |  ,' ∨  〉、  :  ヽ}  i
                  ! ,'   ',  i  \',   ,  i

 


              ___ ,. -‐ヽ、
             /ノ 、_ヽイ   ',
     /´ ゙̄i       |(=) (=)/',リ   i   これは俺たちだけの問題じゃない。
    / 7ー-'      | (.人.) { {   ,!
  ./´  {        ト、 ,, ヘヘ、 |i   例えば、鉄道を中心に「日本人は時間に正確だ」という人がいるが
 .,{、. ノ'イ⌒゙<´ ̄`゙<、,/  ∨、 ノリ
 l、‐-'ァー-、.人     Y    リ   Y   終電の時刻は接続調整でちょくちょく遅らせる。
  `` 、._,,.ィ.ヽ.     {  o ,''-、. !
           ヽ ヘ...-'´゙ー-''ァ‐.  /   単に時間に正確ならば乗り継ぎ失敗なんて気にせず出せばいいんだがな。
         ∨`ヽノ,...-'´-ヲ リ
            ノ〉¬、-‐ァ‐'" '/    普段の電車は時刻に正確なほうが運航する方も利用する方も楽で
           i    ¬' ,..ノ/′
         ノ ̄ ̄ ̄ ̄⌒}      終電に限れば時刻に正確なほうが運航する方には楽なはずだが
           !゙ヽ、  ,.-‐''"',      利用する方にすれば「時間に正確であることは必要でない」
        /  : !、 /     !
          i  ,ハ `!  、 / .i     必要でないことは無視して必要なことを調整する。
       { ∨ :  ',  ', i  |
          ! i  ヽ ∧  :.   |     契約とはいえ手間をかけて連絡を合わせてるだろう鉄道関係者には頭が下がるな。

 


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   状況によってすり合わせるところが違うのか。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /   でも結局のところ、すり合わせるのね
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
                ___
             / ノ ーヽ
               |(● ●)|    もちろん、すり合わせる必要が無いケースも存在する。
              | (_人_) |
             l `⌒´ ,′   議論の参加者が同じものを見ていて、理解したいと思っているそんなケースが。
            .。イ \_.ノl、
       ...-'´-、 ....  V ム=≧‐- ..      参加者が「それ」が好きであるとなおいい。
   r 、./      ´    `〈   `     ヽ
    .} !|   /         }i'´    `ヽ:  }、    最近で言えば―
  j二⊃\´  `Y       }、    r'‐- ' ヽ
 :{‐‐_ァ'f    ,√> ..・... -‐'ヽ‐-、_・.小     ;ヽヽ
  ゙ト= 'ィト.  ≠    ‐--‐ '⌒, -'、/ iノ ゝ.≠  ハ
  :{ !    }/ \{ヽ _..::ゝ-‐={____ ノ!   /  . ' ノ
 .人 、 ノ′   ハ    ゝ---{_  リ {  /  ´/
    ̄       |    ....  }¨¨√!_/  . イ

 

                     _,,..-‐‐-..,,
                   / ヽ    ヽ              __,,..∠
-..,,_                / (-)   ‐‐ .l         ,,..-''"~´       シン・ゴジラを見た連中の議論とかだ
  `ヽ、                / ''''   (-) /        _/        /
     ' , ___.         / (⌒   '''' /.    _,,..-‐''"/        /
      ヽ    `ヽ、.      ',   ̄ヽ__) /  ./..   /       /
       ヽ     ',-‐''´~/. ゝ..__,,../ |,,__/.      /      /
\_      .l、_,,..-‐" ̄゛''‐..,, | | /__..,,.-┴┴ 、   /    ,,-''"    ,,-''´
   ̄ヽ二二レ´        `.y'~´         ヽ/ ,,-‐''"/_,,..-‐''"´
    ゝ,,__/         ヽ/            ',/   ,,イ  /     /
    ヽ、{          _/´                } -イ´ .|   l _,,..-''"
"'''-..,,__  .l         _,'-             /  /   |  /´
      ~l.',         ∧               / ./    .|/
      ヽ\      _,.-'"/  ヽ、          ,〈 / l   ./
      .'y' `''‐‐'"   {    .`''‐..,,____.,,-´ .}  |   /
      .l    _,,..-‐‐,-‐..,,_       )   _,,イ   .| /
       .|    /   /   ヽ     ./  /   |   ./
、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_ 人
)                                                         (
)それ議論じゃなくてただのオタクの会話だ                                (
)                                                         (
)                                                         (
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y

 


                  ./ ̄ ̄\
                 _ノ  ヽ,_ . \
                (●)(● )   |             そうだよ。
                (__人__)     |
                ヽ`⌒ ´  .   |             良いものを見た後とかいいものを作りたいとか
                 {       .  i
         __       ヽ      ノ              オタクが好きな分野での議論―
      /   `- 、 __ ,, 、 ,,`>ー,-- ':;\:;;;;;;::; / ̄` = - 、::::::::
    /^/      '~     "' ' i ''"~::::::::::: ::::ヽ、_ ;;;:::::::::  ヽ,:::  そういった場ではコミュニケーションコストが低く
   / ::::  ::::;;::          ;;:=''''' ::::::::: :::::::::: ::::::::::::: :::: i::
   .i ::::::::::::::::::::: ::::::::: ::::  ::::::::::::::i  :::::::::::::::::::::::::::::: :: :::::::::: i:  効率よく話が進む。
   / `i-、, ,,/   /  '" :::::::::::i ::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,!--''''~`ヽ、
  /:::::::::::i \\ :::''" ::::::::::::::::::::::ハ、::::::::::::::::::::::::::::Y":::::::::ハ :::::::::.  決を採る際にも、それが好きな連中が集まって
  ( ::::::::::ノ:::_ _i__ i__ __ __ _,, ,, 、、 - == - 、:::::::::::::::::::ノ:::::::::::ヽ.ヽ::::::::
  ヽ  / "     /   ::::::::::::::::::__,,,,、- - -="""""`ヽ、:::::::::::::::  より良い方向へ意識が向いていれば
  ) ノ:::::::::::: ::::::  :::::::::::::::::::::: __ノ~::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ヽ::::::::::::
  i:: ::::::::::::::::  ::::: ::::  :::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::: イ:::  全員でよりよい結論を出せるだろう。

 


              ,. -‐- 、
             /       ヽ
           {     ,、 ',           逆に「それは何であるか」が無いせいでグダグダになったりする。
           ヽ ノ `フノ-‐ュ',
           〈゙y'´ ´ '´,≠-,             例えば、材料とロジックを共有できたとしても
                i     ,r ´i ` ー‐‐‐- 、 _
           /    ノ _ノ    ; _,-‐x'ニ=、 `丶     決を採る人間が賛成するとは限らない。
       ,. -‐ァ′  /´ー=、_r‐‐='´ ゝ、   ヽ  ハ
       /  /  / .,'     '.      ヽ    :  ゙i-、
      ,iゝ'´  , '   /     ;       `ヽ.  ム、.ム ヽ
      〃 / /   /     }           ,ハ爪⌒:´    ',
      ! , '´{    / o     ノヽ_   o  ノ ハ   ヽ  ノヽ ',  「日本人は論理的ではない」って聞いたことないか?
     Y´    ,/ ゙ゝ--‐= ´ ゙i!  `¬==.´  ,ノ \  v ⌒ヽ!
     ゝ-、___ノ.  ,ノ {,. -‐¬! ̄` ¬ヤ ∨   `ー/    / }  俺はそんなわけないと思う。
              ゝ. i  i      ;  ____.ム   i       ,'   , ' リ
              ゙} ├ '´ ̄ ; :´    i.ノ !      {,.  '   /   日本人は日本人なりに論理的だし
             i ハ,... ...ノ,.ヽ.__.. '´i   !   , '     /
              {  {    ¨     リ、  |_  /     /    日本人には数学好き―つまり自称論理的な連中も多い。
            ゝ. ヘ       /:,.-‐‐' `¨   /
              人.\ヽ     ι/,.-     ィ        だが、材料と結論が論理的でないことがあるんだ。
           /   `ヽ> 、.... -‐ ι',/> ,.、-- '

 

                 / ̄`ヽ
                  ,'     }
             {ノ ヽ._  }              すり合わせ自体は論理的にできるし
             .-(=) (=)  }ー- 、
         _...ノ´_, __(人.)  ,ノ'_ _,... ゙}>-、        すり合わせた結果も論理的なんだが・・・
          / ´゙ ハ,  `ーイ´  ヽ、 ヽ.``ヽ
      ,. イ     ,リ ,    {  `丶. __  ',  )ヽ、    すり合わせる前に材料を準備するのは非常に難しい。
    /  、  _,..ィ,r'"     |     `}._,..>ァ'   ハ
   / ,.=  〉⌒7入     .人    ノ!ヘ. ノ  ,'´ヽム   材料は「それは何であるか」に合わせて準備するものだからだ。
  .//´ ,n;  人  〉ーァ‐='"゙Y´`¬'"ノ/  ヽ、___,.'´ ,ハ
 〈 )ヽ、 ヽ.'"´  ヽ.∧ー〉ー‐‐〈'⌒`´メィ′     /  /'/
  ヽ.ヽ.`、.ハ      ゙}ーヾー‐-く´ ̄`,〉 |      ノ -' '/   せっかく準備した材料も受け入れられるかがわからない。
   .\`  `ヽ、    ! `ヽー-'.>三'/ .}   /  ,. '′
    `ヽ. 、.. \_,..=‐--、  ` ´7,-¬=-' ' /      頭の良しあしではなくて、理解する気があるかないかで
       `丶、 _  =ミ゙ヽ__ __ι'r',.-  _/
          ` rフー'<   ,`7´厂!´          材料とロジックを採用したりしなかったりする。
            /'´ {  ハ  / ,' ;' ,ハ
             /: ,.ノ    ヘ_/ ハ ノヽ .',      ―だから、その問題に興味がない人で多数決するとえらいことになる。

 

 

         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ   それはひょっとして民主主義を否定しているんじゃないかな
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!
.
          / ̄ ̄`ヽ
        /       ヽ
         {   ー-       \               民主政治を否定するわけではないが、
         )  (●)    ', \
         (●)  -、    }  .` - 、 __         単に多数決すれば実現できるというのは楽観的過ぎるだろう。
         \(_,ト-'   リ   ',    `ヽ._
           >--、/´).ハ  リ_,.>-''、⌒``ヽ、    理想で言えば全国民が政治に興味を持ち、
         /´  ヽ' ./´  },. -'/´    `     ハ
        /! ヽ     }`,¨´   i          ::.   }   国の在り方を自分なりに理解するべきだ。
        / ,/ }   ;  ,ノ /  ヾ.{        ;    ハ
       {   ,ゝ. -'  ヘ./     〉‐- 、__.._ _,. -‐ イ,  }  言うのは簡単だがこれはとても難しいんじゃないかな。
      {  、 }ヘ、    \    /´ .;        ヒ'" !
     ,/ゝ-、 _{  ',     ヽ.__{  ::   :'       } ,!
      /     ゝ、ヘ ',     (´  ``ヽ    :       ! !   せめて理解できない問題はプラトン式≒西洋式に
    { ,... _:    ``〉', 、   ヽ、      ',     / /
    }'"  `ー‐- 、..⊿ムヽ ヽ、  `     ,} ゝ ,/ /    材料とロジックを共有して判断するようにしたいところだが、
     {    _,. -‐'´   ヘ.  `、.___   ノ  メ、, ;/
      }'  ´ ̄     ,..._ゝ、、ヽ、`¨¨´ ./゙Y′i'      西洋は西洋で「受け入れがたい材料」の扱いに失敗して
     ',ヽ     _,. '´/  ゝ、.___  ,/二)´  |
     ゝ-<二_メ'´        `¨`ー'    .リ      難民問題とかトランプでえらいことになってるし・・・
               }  ,.、      ',    ,/)ヽ
            /,ハ、`'′       ;   ,./ ,/ヽ∧    材料として無条件で理想を採用するのはマジでやばいな。

 

          _..、
          と' ヽ            /`⊇
            .ゝ<i                i ゝ.-‐'
        / 〃 i     _      | : ヽ
         ,'    ,|   / _, 、ヽ    ハ.. ハ
        ! ,. x' !    ! (=) (=)!    i ゝ. リ     あと、政治が関係ない領域で民主主義のつもりで
       Yー《` ヽ  | (_人_)!   ,r '¬ト.ィ
         |ヽ、i  ',.  ト.   ,i   {  〃ノi      多数決を採用するのはマジお勧めできない。
        i   ヾ、./ `ヽ `ー‐' { /´},._ノ  リ
          ゝ. .人、}  ゙ヽ.∨/´   i´ / ノ       多数決の結果が全員に影響するような問題、
           ゙|  `i     Y    リ'´゙Y
           !   ハ 。   i!   。!   !         例えばランチをどこにするかとかなら機能するが
           ∨´ーゝ-‐‐ '`-‐-.ハ. /
             ', 、.X`、  i  `个ィ/          決を採った結果が少数に影響する問題では
             Y  ミ ` Y⌒∨ i'
               | ヘY ー-<>ー1 |           多数側はそれを真面目に考えないとか色々問題がある。
               {  ミ、._ :' __ノ リ
             λ 人 `6´ i'./
             /`ヾ、ミ._ー‐--'ノ!            真面目に議論して決を採る気ならプラトン式をお勧めしたい。
           ノ,.ゝi ヽ `¨´/:ハ            ただし結構しんどいから議論相手の同意があったほうがいいな。

 


                              .ィ´`ヽ
                          γ /}  }ハ
                    __ / ' /  ' 八
        ,.-fヽ、        / ノ `ーヽ r ´‘./   ,ハ
      rヘ }. 〉〉}       | (=) (=) l l   ‘.    |   今回はちょっと脱線しちまったかな。
      / 》`r tァ'         |  (_人_) |: 〉-、 ∨:   |
     ./ /Ⅳ             ‘.   `⌒ リ ' 八 }\ :{   日本人にとって議論とは何であってどうするべきかは
     〃  :{             マ:‐--/     ト、_. N
    '   /ハ , ‐- 。.x< ̄≧=‐‐'三:_〈         、  Y  また語る機会もあるだろう。
   |    ノ{    `ヽ        ヽ.    。  \  |
    :}_,. ィ´   ` ‐ <  .ゝ、       _ノ_`.ニ.  ` r "  |
    .ゝ .._  r‐ "   Y´}:リミ ァ‐°彡 ´  :.  `ヽ `Z.. |  というか、なんか皆なんとなくで議論してる気がするんだけど
        ` <. __彡ヘ'/  |r: 大__. -‐‐-f  ̄ ヽ( . -∨
               丶   `',{ f´    ::、   }'⌒V   誰か定義してないのかな?
                     \ { r'r ¨¨¨  Y´ ̄`Y   '
                     `f^ ゝ-‐ ,ニ{_   リ   !   議論とは何であるかが共有できてないと
                   {      `´ -‐`/  ./
                    /ミ:。、     ,.イ /ヘ    正しく議論できないと思うんだが・・・?
                 /   マ>。.__≠≦'´ `\

 


           ./ ̄ ̄\      話を戻すが、
          _ノ  ヽ,_   \
         (●)(● )   |    技術屋にとって重要なのは、「俺たちは必要に応じて世界を認識している」こと。
         (__人__)     |
         ヽ`⌒ ´  .   |    なので、俺が言葉で何かを表現しても、受け手が同じように受け取る保証が無い。
          {       .  i
     /    ヽ      ノ      「木彫りのクマー」が定義的なものか個人のイメージ上のものかそれとも
   , ,/.        ヾ ー,-- ':;\ ー、
  / /      _,,」、'....ィ'     '|  \、__  個物として存在するものなのか、うまく表現できないんだ。
. /./  ,. ‐'''"´    !:::.    / _」__iヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ノi    ノ (、_   ``ヾ!  日本語の問題というよりも、普段区別する必要が無いからだが。
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._    だが、これによりプログラミング上で「オブジェクト=個物」と
  |  ヽl(B            ./    ヽ、_
  |     !,、      !     /     ∠,,,    「クラス=それは何であるか」をうまく区別することができない。
  ,イ     ヾ'     ィ 、   /   ,,ィ'´
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   具体的には?
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

 

        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (―)(― )   |   オブジェクトとは何か?でググるといくらでも出てくる。オブジェクトの広場から引用しようか。
    (__人__)     |
     (`⌒ ´     |   [具体的に存在するものや概念、人などが考えられます。
   .l^l^ln       |
   .ヽ   L       ノ   机とか椅子、テレビにビデオ、パソコン、申し込み用紙、
     ゝ  ノ    ノ
   /   /     ヽ    領収証といった、ものを例に取ることができます。] これが一般的なオブジェクトの説明だ。
  /   /      |

 

 

                      / ̄ ̄ \
                      __ノ `⌒   \
                   (●).(● )    |       さてここで問題だ。やる夫にとってこの「机」ってどの机だ?
                     (__人___)    |
                   , =二ニニヽ、   |
                 /  二 ヽ、`,┘   ト、
                 /   -、 }、j┘  イ ⌒ヽ
                  /    /{_/_ ,/      }
               /     ノ∧        ィ  }
               |   | /  i        |  |
..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)    特定できないってさっきやったばかりじゃないかお。
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

 


                . __
               ./::::::. \
               /::::::ヽ;;:   \
             . (:::::(::::冫    |   そう、オブジェクトが個物であるならどれか特定できなければならない。
             . (:人;;;) .    |
             r‐-;::::::. .     |   特定できないから、話すほうの意図にかかわらず机一般の話になってしまう。
             (三)):::::.. .   |
             >::::ノ:::::::::.    /   英語なら区別ができるが日本語では区別ができないとはよく言われるな。
            /::: / ヽ;:::::::::   /
            /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈     a desk なら特定の机=オブジェクト、
            (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)    desk なら一般的な机のイメージ=クラス、というわけだ。
              . |\::::::::::::;;:1
              . |:::::\;;/:::|    英語には英語の欠点があるから別に英語が優れてるってわけじゃないぞ。

 


               / ̄ ̄\    だから、
             / _ノ  ヽ、.\
               |  (●)(●) .|   オブジェクトの例に出すなら「絶対に複数存在しない何か」を指定しないと
             !  (__人__)  |
               , っ  `⌒´   |   正しく伝わらない。東京タワーとかスカイツリーを使うと少しはましになるはずだ。
            / ミ)      /
           ./ ノゝ     /    人名でもいいが、人間はその尊厳が問題になりやすい。
           i レ'´      ヽ
           | |/|     | |    個人を人間に一般化するな!って言い出す人が出てくる。
     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |    めんどくせえええええ
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

 


                  / ̄ ̄\
               /  ヽ、_  \
              (―)(― )   |     めんどくさいだけでなくちょっとマズイ問題がある。
              (__人__)     |
               (`⌒ ´     |     この「個物を正確に表現する習慣が無い」のと
             .l^l^ln       |
             .ヽ   L       ノ     「議論の材料を用意する習慣が無い」のと
               ゝ  ノ    ノ
             /   /     ヽ      「すり合わせた結果はしっかりしている」が重なって―
            /   /      |
          .
                  . __
                 ./::::::. \
                 /::::::ヽ;;:   \
               . (:::::(::::冫    |   仕事をするにあたって「それは何であるか」が決まって無いケースが多い。
               . (:人;;;) .    |
               r‐-;::::::. .     |
               (三)):::::.. .   |
               >::::ノ:::::::::.    /
              /::: / ヽ;:::::::::   /
              /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
              (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
                . |\::::::::::::;;:1
                . |:::::\;;/:::|

 

 


             ____
           /      \
         /           \
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \     じゃあやる夫たちプログラマ
          |   (○)  (○)  u |
        \   (__人__)   ,/     仕様=それは何であるか、が決まってなくて困るのは―
        /    `⌒´    \
.
                         / ̄ ̄\
                       / ヽ、_    \
                      (●)(● )    |   単に「それは何であるか」を事前に決める習慣が無いからだ。
                      (__人__)     |
                      `.l⌒´         |   だから「それは何であるか」を後で決める「マニュアル」なら
                       |          |
                       ヽ       /   結構揃ってたりするし、後から良くする改善も機能する。
                         ヽ       /
                             ',    /
                 /          ノ _.ノ     仮に事前に用意しても正確に表現する習慣が無いから
               / /       ( .(
                __         )ノ       実現してみると、事前に思ったのと違ったりする。
             / ̄    ̄ `ヽ    ((
           /              \  ノ         そして、事後の修正をするのが当たり前だと思われている。
           {                \
           ヽ、_   __       '.,
          .      ̄ ̄    \      ,        ここをなんとかしないと俺たちの仕事は楽にならないんだが
                      }       ヽ
                      ノ ,l    , \       さてどうしたもんか。
                     と ノl    |ヽ ⊃

 

 


     |┃
 ガラッ. |┃        ____
     |┃  ノ//   /     \
     |┃三    / \   / \     そこで私の登場です!
     |┃    /   (●)  (●)  \
     |┃   |      __´___     |   アリストテレスは「それは何であるか」を
     |┃三  \      `ー'´    /
     |┃三   ノ           \   正確に表現する方法を研究したんですよ!
           できる夫:アリストテレス

 


     +   x
       ☆ +        *
      *  r、           ____      十
        ヘ \        /_ノ ' ヽ \
        (ミ⊂)     /(≡) (≡ ) \         ようやくアリストテレス形而上学が解説できます!
         ヘ \  /::::::⌒__´___⌒:::::: \    ゚
      。   ヘ  \|     |r┬-|     |       オブジェクト指向の用語の多くはここからきてるんですよ!
           \  \     `ー '    /   x
             \             \       これが本編だと言っていいでしょう!
       x      \         ___ト  ゝ     +
               |         (   /       いやあ出番待ち長かった!
            十  |          ̄| ̄
             / ̄            |    十
             ヘ   ト⌒\      |
             __ヘ  ヘ   \    \‐‐、
            (____ )   ヽ.____`_)

 

                            / ̄ ̄\
                         /  ヽ、_  \
                        (●)(● )   |   あ、それ次回からなんですよ
                        (__人__)     |
                         (`⌒ ´     |
                    .      {          |
                         {         ノ
                      mm   ヽ      ノ
                     (⊂  ̄ ̄ ̄   ヽ
                         ̄ ̄ ̄|    |
  __,冖__ ,、  __冖__   / //
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /
  __,冖__ ,、   ,へ
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//  ̄ ̄ ̄ \
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /   ::ノ::: \::\
   n      「 |             ( ●)::::::(●\
   ll     || .,ヘ   /     u ___'___   |
. n. n. n  ヽ二ノ__  {      |r┬-/ '  |
  |!  |!  |!      _| ゙っ  ̄フ    Lノ ,ノ  /
  o  o  o     (,・_,゙>  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \

 


        ∩⌒ヾ
        い   )
         、 . ノ
         |  | / ̄ ̄\
         |  |./   _ノ  \
         |  |   ( \)  l
         |  |   (⌒ (\)     というわけで次回から最終章・形而上学
         |  |   / ̄(__丿
         ト    /ー、/        ただし技術屋だから哲学ではなく道具として借りるための知識だ!
         |     \ノ
         |      )
         |      /ヽ
         |      /三)
         ノ     〈  ̄
        /   _  ⌒ヽ
       /   /  |   |
     /   /    |   |
       ____
      /      \
    / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=-. \    やる夫たちが正しく扱えるようになっても
  |  u ,  (__人__)  U |
  \    ..` ⌒´   .〆ヽ    お客さんも正しく扱えるようにならないと事態は改善しないんだけどな。
   /          ヾ_ノ
  /rー、           |
 /,ノヾ ,>         | /
 ヽヽ〆|         .|